うつ病治療 | 終わりのないトンネルなんてありません。

うつという病

「うつ病」と呼ばれる病名を、耳にしたことがない人は、おそらくいないでしょう。
しかし、ほとんどの人は、なんとなくの知識しか知らないのではないでしょうか。
きっと、「うつ病は、精神的に病む病気」と捉えている人が多いはずです。
もちろん、それは決して間違いではありませんが、100%正解というわけでもありません。
というのも、うつ病は、ただ精神的に病むだけではないのです。
例えば、身体的な痛みを感じることもあります。
多くの人は、うつ病にこの身体的な痛みがあることを知りません。
ですから、もしうつ病が原因で痛みを感じても、本人はただ身体が痛いだけですから、適切な病院・医師に相談できないのです。
当然、頭の中には、「うつかも知れない」という考えはないので、多少ストレスが溜まっていたとしても、それを医師に伝えることがないのです。
こういったことからも、うつ病は、発見が難しい病と言われています。
実際に、国内の約5%がうつ病患者と言われていますが、適切な治療を受けているのは、その中のほんの少数です。

ほかにも、うつ病には、うつ状態と躁状態があり、それぞれに異なる症状が見られます。
躁状態は、一般的に知られているうつ病の症状とは異なり、逆に元気が出過ぎてしまうという状態のことを指します。
こういったことがあるため、なかなか判断がしづらいのも大変な点です。

まずは、こういった症状があるということを知ることが、早期発見に繋がる唯一の方法だと言えるでしょう。

うつ病の治療を行なうなら、まずは基礎的な知識を収集しておきましょう。一番良い治療法が見つかるかもしれませんよ。