うつ病治療 | 終わりのないトンネルなんてありません。

からだの痛み

女性のマーク

うつ病には、さまざまな症状が現れます。
一般的に知られているのは、おそらく精神的なこころの症状ではないでしょうか。
こころの症状については、別ページで詳しく紹介しているので参考にしてみてください。
では、これ以外に、どういった症状があるのかというと、それは「からだの症状」です。
あまり知られていませんが、うつ病には、さまざまなからだの症状が現れるケースがほとんどなのです。

具体的に、どういった症状があるのかというと、主に「痛み」を感じることが多いようです。
中でも、頭痛や胃痛、腰痛などが、比較的多く見られる症状です。
頭が締め付けられるような痛みは、本当に辛いものです。
それが、連続すれば、それだけでもしんどく、ストレスに繋がってしまいます。
ストレスになれば、余計にうつ病の症状を進行させてしまうという堂々巡りです。

また、こういったからだの痛みを感じても、うつ病と気付く人はほとんどいません。
マッサージなどの施術で治療を終えてしまう人が多いため、発見が遅れてしまうだけでなく、根本的な解決に繋がりません。
しかし、「痛みを伴うことがある」という知識を身につけておけば、早期発見も難しくはないでしょう。
こころの症状に加えて、こういったからだの症状を感じた場合は、すぐに医師に相談するのが良いです。